PS3のレンズを交換する

結構前に、近所のハード〇フでジャンクなPS3を買いました。
外装にほとんどキズはなく、とても綺麗!電源はしっかりとつきました。
これで5,000円です。安いのか高いのかよく分かりませんが。

大好きな白色の本体が手に入りました

スロットインドライブってかっこいいですよね!?

CECH-2500Aです
故障内容としては「Blu-rayが読み込めない」とのことでした。
DVDとCDは読み込むということでしたので、Blu-ray用のレンズがおかしいのかと。

Blu-rayのディスクを認識はしますが、読み込みません

レンズの汚れかと思い、分解して綿棒で拭きましたが効果なし。
なら、レーザーの出力が下がっているのと思い、レーザー調整用の可変抵抗を弄ってみましたが、これも効果なし。
こうなると、レンズ自体がダメになっていると思われます。
ということで、レンズをごっそりと交換します。

分解手順をまとめます。こんな感じです。
必要なものは、+ドライバー2種類とT-8ヘクスローブドライバーが必要です。

まずは、本体を裏返しにして、ネジを隠しているゴム足とプラ板を外します。
そして、見えたネジを外します。


次に、電源ボタン、イジェクトボタンの下にある星形のヘクスローブネジを外します。


すると、本体の上蓋が外れます。排気口の方から上に向かって外します。



次に、電源ユニットを外します。これが結構やっかいな構造になっていますので注意。
電源ユニットからメイン基板に刺さっているケーブルを外します。

ツメを掴んで外します

外れました

こちらは外しにくいので、ケーブルを持ってまっすぐ上に引っ張ります
力を入れすぎると断線しちゃうかもしれないです

外れました

電源ユニットの左右にネジがあるので外します。矢印で示してあるので分かりやすいと思います。


ネジが外せたらまっすぐ上に引き上げます。PSのロゴがあるあたりが外れにくくて斜めになってしまいますが、がんばって上に引っ張って外して下さい。

ちょっと持ちにくいです

こういう構造です
コンセントみたいに刺さっています


次にドライブのケーブルを外します。
少し飛び出ているところを掴んでまっすぐ上に引っ張ります。

3本あります

こんな感じ外します

ドライブを止めているネジを外します。



次に、電源ボタンとイジェクトボタンがある基盤を外します。
この基盤でドライブを固定するような構造になっています。

丸で囲んだところを持ってまっすぐ上に引き上げます

外れました

ここまで来れば、ドライブが外せるようになります。
まっすぐ上に引き上げて外したいところですが、『注意』が必要です。
実は、ドライブの真下にケーブルがあります。このケーブルがドライブと繋がっています。
それを知らずに引き上げるとケーブルを痛めてしまうかもしれません。

ここら辺までなら上げても大丈夫です

こんな感じでケーブルが繋がっています

丸で囲んだところを爪で上げてケーブルを外します


さて、ドライブが外れました。
いよいよ、ドライブを分解してレンズを取り出していきます。

ドライブの表面にあるネジを外します

金属のプレートを外します
引っかけてある部分があるので、注意して外します

外れました

続いて、ディスクをドライブ内に入れる部品を外します。
上部は引っかけてあり、下部はネジで留まっています。ネジを外せば結構簡単に外れます。

上部の引っかけはプラスチックのため注意が必要です

外れました

こんにちはレンズさん

続いて、ドライブを裏返します。
白いプラスチックの部品を外します。引っかけてあるだけですので、簡単に外れます。
外れたら、下部にあるネジを外します。

ツメを引っ張りながらスライドさせます

ネジは1つだけです

そうしたら、ドライブの裏蓋が外れます。
上に引き上げて外しますが、上部が引っかけてあるので注意して下さい。

ディスクを入れる方から外します

ここが引っかけてあります

裏蓋を外すとこんな感じです


ついに、ドライブの心臓部を外していきます。
レンズユニット固定しているネジを外します

結構きつく閉まっています

上に引き上げるだけで外れます
ゴムも外れてしまうので、無くさないように気をつけましょう

外れました


次に、ディスクを回転させる部品のケーブルを外します。

引っ張るだけで外れます


次に、レンズのレールを固定しているネジを『緩めます
このネジは外せません(たぶん)。緩めるだけで大丈夫です。

ここが今までで1番堅いです
ネジ山をつぶさないように気をつけて下さい


次に、ディスクを回転させる部品を外します。3カ所のネジを外します。

ここの3カ所です

引っかかりますが、グリグリしながら無理矢理に外します


次に、レンズユニットを裏返します。
レンズの白いプラスチックの部品にあるネジを外します。

黒いネジ1つだけです

外せたら表に向けて、レンズのレールを外します。
レールは2本ありますが、モーターや白いプラスチックの部品がついている方だけを外します。
全部引っ張って外してしまうと、戻すときに大変ですので、レンズから外れるまで外せれば大丈夫です。

すぅーっと外れます

ここまで来れば、ようやくレンズが外せます。
上に引き上げて外します。

反対側のレールに引っかけてある部分に気をつけて下さい

やっと外れました!!


最後に、レンズについているケーブルを外します。

挟んでいる爪を起こします

こんな感じです


取り外したレンズは『KEM-450 DAA』という型番でした。
早速、Amazonで注文します。3,500円程度で入手することが出来ます。
他のレンズの型番の「KES-450A」と「KEM-450 AAA」と互換性があるという情報がインターネット上にありましたが、確認はしていません。



そして、届いたレンズがこちらです。

新品と書いてありますが、明らかに使った後が…

右が取り外したレンズ、左が買ったレンズ
あまり違いは分かりませんね

新品、純正と書いてありますが、明らかに使った後がありました。
少し埃っぽい気もします。見た目では純正かどうか分かりませんが、実際はどうでしょうか?
でも、使えればいいです。

後は、逆の手順で戻していけば、修理完了です。
動作を確認してから外装を元に戻すと、無駄な手間が省けます。

アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』で動作を確認します(笑)

無事に読み込みました!

「はいっ、がんばります!」


5,000円+3,500円の計8,500でPS3が手に入りました。
ちなみに、ディスプレイの下にあるコントローラーは1,000円でした。
全部で9,500円。ジャンクにしては、ちょっと高いかもです。

これからいろんなことに使ってみます。お疲れ様でした!

0 件のコメント :

コメントを投稿