ISW12HTレビュー!

HTC EVO 3DことISW12HTを買いました。
かなり前の機種で「何故今更!?」って感じですけどね。
でも、デザインがかっこよくて前から欲しいと思っていました。
安かったし増税する前にと思い買っちゃいました。



名前の通りHTCが製造し、2011年10月7日に発売されました。
当時のスマホとしては高スペックで画面も大きく、auの電波だけでは無くWiMAXの電波も使うことが出来るのでとても人気がありました。
また、メガネ無しで3Dの表示が出来、写真と動画も3Dで撮影が出来ることも人気の理由だったのではないかな。

4.3インチの大画面

ラバー加工がしてあり滑りにくいです

レンズが2つ

2Dと3Dにボタン1つで変えることが出来ます

●主なスペック
[OS] Android 2.3.4 with HTC Sense 3.0 (後にアップデート)
[CPU] Qualcomm Snapdragon S3 MSM8660 1.2GHz
[RAM] 1GB
[内蔵ストレージ] 4GB
[外部ストレージ] microSDHC 32GBまで対応
[ディスプレイ] 4.3インチ 960x540 TFT液晶 約1,677万色
[本体サイズ] 縦126x横65x最厚部13.5mm
[重さ] 約171g
[Wi-Fi] IEEE 802.11b/g/n
[Bluetooth] Ver.3.0+EDR
[リアカメラ] 500万画素x2
[フロントカメラ] 130万画素

今でも十分なスペックだと思います。iPhone 5に並ぶくらいじゃないかな。
メインに使ってもいいと思います。

外箱はとてもシンプル

HTCのロゴかっこいい

余分なことは一切書いてない

スライドして取り出します

付属品

●外箱だけでなく付属品もシンプル
付属品は説明書、予備バッテリー、8GBのmicroSDだけです。
充電器やケーブルは「付属されていない」ので別で用意する必要があります。
端子がMicro USBなので他のスマホのモノで代用出来るのであまり困ることは無いと思います。

バックプレートを外すとこんな感じ

●SIMカードスロットは?
この機種は珍しい「ROM機」です。SIMカードを使わず直接本体に情報を書き込みます。
そのため、入れ替え作業が出来ません。auショップに持って行って手続きをする必要があります。有料で2,100円だそうです。

●3Dはどう?
常に3D表示が出来ると思ったら違うようです。3Dのコンテンツのみ3Dで表示されます。
YouTubeに3Dの動画がありますね。それらを3Dで表示することが出来ます。
また、カメラで3Dの写真や動画を撮ることも出来ます。これは楽しい。撮った写真を3Dで表示できるのもいいですね。L-06Cでも3D撮影は出来るのですが、表示は出来ないのです。

LEDで通知が出来ます

●バッテリーの持ちは?
2つバッテリーが付いているので「あ…(察し)」かと思いましたが意外に持ちます。iPhone 4とあまり変わらないくらいでした。両方のバッテリーを使えば丸1日持つと思います。

LGxHTC

docomoのHTC製品はHT-03Aだけなのです

●使ってみて…いいところは?
僕には初めての画面が4インチのスマホです。大きくて見やすいです。画面はiPhone 4などのRetinaほど綺麗じゃありませんがiPhone 3GSほど粗くもありません。色もしっかりしていていい感じです。ちょうどいいです。また、3D表示もおもしろいです。
様々な機能も充実していてとてもいいです。

●悪いところは?
ちょっと重いですね。少しずっしりしています。安定してていいかもしれませんが。


とてもいい機種だと思います。
僕は契約をせずWi-Fiだけで使っていますが、今のところ問題はありません。
中古5,800円でこの性能と使いやすさ。いい買い物をしました。

公式サイト
Amazon
ケータイ★アウトレット ムスビー

0 件のコメント :

コメントを投稿