Walkmanを分解してみた

どうも、こんばんは。
今回はイヤホンジャックが壊れてしまったWalkmanをUSBフラッシュメモリとして使うために分解をしました。WalkmanはNW-E015です。スティック型で直接USBに挿すことが出来ます。

さて、こんな感じに分解が出来ました。

細かい部品が多いですね
 
本体カバー
 
メイン基板

メイン基板反対側

メモリ部分にはTOSHIBA製の物が使われていました

バッテリーは3.7V 170mAhでした
 
USBフラッシュメモリーにするためにはバッテリーは不要ですので外します。液漏れしたりすると厄介ですからね。まぁ、滅多に無いようです。外してみると、やはり少し膨張していました。
 
バッテリーを外して完成です

アクセス時には液晶に表示されます

それ以外の時はバッテリーがフルであると表示されます
 
ちなみに、容量は2GBです。あまり大きなファイルは持ち出さない自分にとっては十分な容量だと思います。旧世代のWalkmanだからかもしれませんが速度があまり速くありません。2MB/sくらいでした。使えるだけ使っておきます。思い出の品ですので、大事にしたいですからね。

0 件のコメント :

コメントを投稿