単焦点レンズの魅力

随分とご無沙汰しております。みかちゃんです。

大学生になって初めての夏休みはいろいろと忙しかったです。
初めての経験をいっぱいしました。

ようやく大学の生活にも慣れてきました。
すでに後期が始まっていますが、気を抜かずにがんばります!

さてさて、50mmの単焦点レンズを入手しました。
単焦点レンズとは、その名の通り一つのところにだけ焦点(ピント)を合わせるレンズのことを言います。一つのところに集中するので、絞り値を下げることが出来ます。つまり、明るい写真かつぼかしの効いた写真を撮ることが出来ます。

単焦点レンズには様々な種類がありますが、一番お手頃なのがこの50mmです。

結構小さいです

こんな感じになります
秋と言えば彼岸花!
地元を流れる佐奈川沿いの彼岸花が綺麗だったので撮ってきました。

ここまで接写するとマクロレンズが欲しくなります

ちょうちょさんもひらひらとお花見?

ぼかしが効くので水の反射も綺麗に写ります

単焦点レンズで撮ってないけど、おまけです

ただ、単焦点の不便な点は、ズームが効かないので自分で移動しなければなりません。当たり前のことですけどね。また、絞り値を下げると、ぼかしが効いてかっこいい写真になりますが、ピントを合わせるのが大変です。大抵の単焦点レンズはフルタイムマニュアルフォーカスと言って、オートフォーカス中でも手動でピントを調節出来るようになっています。よく見て合わせないと、パソコンで見たときにピンぼけがよくわかります。

難しいレンズですが、これから使っていきたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿